HOME > マルシェBlog > ジャカランダが日本でみられる名所3選!各地の特色と写真も掲載!
マルシェBlog
2019年4月2日

ジャカランダが日本でみられる名所3選!各地の特色と写真も掲載!


どうもこんにちは!

世界三大花木の一つ「ジャカランダ」

和名では「紫雲木(シウンボク)」と呼びますが、その名の通りジャカランダの花は紫の美しい雲のようでとても神秘的です。

日本に住んでいるとなかなか見る機会のないお花ですが、日南市にある「道の駅なんごう」のそばには、日本で唯一のジャカランダの群生林があります!

今回は、ジャカランダが日本で見られる名所3選をご紹介します!

「美しいジャカランダの花を見たいけど、どこに行けば見られるんだろう?」という方は、ぜひ参考にしてください。

宮崎にこられる際には、ぜひ「道の駅なんごう」にも遊びに来ていただいて、ジャカランダの森を楽しんでください!

それでは見ていきましょう。

「ジャカランダ苗」の限定予約受付はじめました!>>>

ジャカランダが日本で見られる名所3選!

日本でジャカランダが見られる有名な場所をご紹介していきます。

ジャカランダの花の見頃は、例年5月下旬から6月末頃までです。

開花時期に合わせてジャカランダの花を楽しんでくださいね!

宮崎県日南市南郷町の「ジャカランダの森」

やはり、当サイトでも度々紹介しております日南市南郷町の「ジャカランダの森」が最も有名です!

何と言ってもジャカランダの群生林が見れるのは日本でここだけです!

1000本のジャカランダの規模はもちろん日本最大!

美しいジャカランダが開花期に一斉に咲き誇る様子は圧巻です。

ジャカランダの花が好きな方はぜひとも足を運んでください!

例年、開花期の5月下旬から6月下旬にかけて、日南市南郷町の「道の駅なんごう」で「ジャカランダまつり」が開催されています。

ジャカランダ祭りについて書いた記事はこちら>>>

ジャカランダが植栽されている場所は道の駅から歩いて2分程度なのでとても近いです。

広い海を背景に見る、ジャカランダは涼しげでとても素敵なので、写真スポットにもイチオシです!

静岡県熱海の「ジャカランダ遊歩道」

 

静岡県熱海市東海岸町のサンビーチ前に広がる「お宮緑地」にジャカランダの遊歩道があります。

熱海とジャカランダの始まりは、ポルトガルのカスカイス市と1990年に姉妹都市になり、記念に2本のジャカランダが贈られました。

そして、熱海の初夏を告げる新たな観光名所として、「ジャカランダ」を集積させた公園を2014年にオープンしたのです。

106本のジャカランダを見ることができるのですが、関東近郊でこれほどたくさんのジャカランダが見られるのはここしかありません!

5月下旬から6月の開花時期に行くと、とても美しい花を咲かせているので、いつもとは違った熱海を楽しむことができそうですよ!

熱海市の公式ページで開花状況が確認できます。

長崎県雲仙市小浜の「ジャカランダ通り」

長崎県雲仙市小浜町にある小浜温泉には「ジャカランダ通り」という通りがあります。

ジャカランダの並木道がある通りです。

小浜のジャカランダ通りには、約200本ものジャカランダがあり、日本一大きなジャカランダも、小浜ジャカランダ通りにあるんです。

幹周り180cm、直径57cmの日本一の巨木は、絶好の撮影スポットです。
写真出典:ながさきたびネット

もちろんついている花の数も多く、遠くから見ると「紫雲木(シウンボク)」の名前の通り、本当に紫色の雲のようです。

開花期の6月中はジャカランダフェスタが開催されていて、期間中は紫の染物、海産物といった地元特産品販売があり、フォトコンテストも開催されます。

夜にライトアップされると、海辺の風景とあいまって幻想的な景色が広がります。

ジャカランダ日本の名所まとめ

ジャカランダが日本で見られる名所3選!いかがでしたか?

日南の「ジャカランダの森」、熱海の「ジャカランダ遊歩道」、小浜の「ジャカランダ通り」どこも海がバックにあるのが不思議と共通していますね!

やはり暖かい所を好む性質がある花なので、自然と海の近くに辿り着いたんでしょうか。

とても絵になるロケーションで美しい花を咲かせるので、ぜひ開花期のジャカランダを見に各地の名所に足を運んでくださいね!

宮崎に来た際は、内海の「デモンデマルシェ」にもぜひお立ち寄りください。

それではまた!

「ジャカランダ苗」の限定予約受付はじめました!>>>

その他の新着マルシェBlog

▲トップへ