HOME > マルシェBlog > その他 > ジャカランダが熱海でみれる?開花時期やイベント情報なども解説
マルシェBlog
2019年7月24日

ジャカランダが熱海でみれる?開花時期やイベント情報なども解説


どうもこんにちは!

世界三大花木の一つで、美しい紫の花を咲かせる南米原産の「ジャカランダ」

ハワイの桜とも言われ、世界中に愛好家が多い花ですが、日本では日南市にある「ジャカランダの森」が最大級で、毎年多くの観光客で賑わいます。

温かい地域でしか見られないかなと思いきや、実は静岡県の熱海でもジャカランダを見ることができるんです。

今回はジャカランダが見れる熱海の遊歩道をご紹介します。

ジャカランダが見れる熱海の遊歩道

熱海市にジャカランダが植えられるようになった経緯は、熱海市の姉妹都市であるポルトガルのカスカイス市から贈られた2本の苗がきっかけだそうです。

現在は100本以上のジャカランダが遊歩道に植栽されています。

熱海市では、平成24年から、東海岸町のサンビーチ前に広がる「お宮緑地」をジャカランダの遊歩道として再整備していました。

国道135号沿いお宮緑地内にある遊歩道には10m程にもなる高木もあります。

ジャカランダの日本での開花期は6月と言われていますが、気候の関係で、本土の露地植えで花が咲くのは大変珍しく、比較的熱海でも全く開花しない年があったようです。

6月だけでなく9月・10月に2度目の開花をするジャカランダもあります。

開花した際も全てのジャカランダが花をつけるわけではなく、数本の開花だった年もあるようなので、温かい年は開花のチャンスが多くなるようですね。

たくさん咲く木や1房しか咲かない木、全く咲かない木もあり・・・なかなか哀愁をのぞかせる開花模様となっているようです。

熱海のジャカランダ開花状況は、熱海市が運営しているあたみニュースで確認することができます。

あたみニュース>>>

熱海ジャカランダフェスティバルがある

今では熱海の初夏を告げる花木となった「ジャカランダ」

花が頭に落ちると幸せが訪れるといわれています。

毎年6月の開花時期にジャカランダフェスティバルが開催されます。

フェスティバル期間中は毎日18:00~22:00まで、竹細工のオブジェの展示や、アーチイルミネーションで遊歩道がライトアップされ、土日にはお菓子の出店やお茶のサービス、フリーマーケットなどを実施しています。

美しい紫色の貴重な花、ジャカランダをぜひ見に行きましょう。

熱海のジャカランダの動画

宮崎の「ジャカランダの森」も有名

宮崎県日南市南郷町には日本で唯一ジャカランダが群生する「ジャカランダの森」があります。

約1000本ものジャカランダが森一面を美しい青紫色に染め上げます。

夜にはライトアップされ、幻想的な美しさを堪能することができますよ。

「ジャカランダの森」に関しては詳しくまとめた記事がありますので、こちらをご覧ください。

「ジャカランダの森」まとめ記事はこちらをクリック!>>>

美しいジャカランダの苗が手に入る!

デモンデマルシェの姉妹店「道の駅なんごう」でジャカランダ苗の予約販売を行なっています。

鉢植えでも美しい青紫の花を咲かせるジャカランダの苗は、とても希少なので、ぜひこの機会にご購入ください。

開花時期の5月頃から順次発送して参ります。

美しいジャカランダの苗を限定販売します!!>>>

今回のまとめ

ジャカランダが見られる熱海の遊歩道について詳しくご紹介しました。

開花時期にはたくさんの人で賑わい活気がある中、神秘的な美しさをもつジャカランダを楽しむ時間はとても贅沢だと思いますよ。

壮大さにおいては、今回ご紹介した熱海以上に、宮崎日南市のジャカランダの森は大きなスケールで、目の前の日向灘の景色もあいまって、こちらも感動必死の観光地となっております。

ぜ観光のご予定を組んで、ジャカランダをみに足を運んでみてくださいね。

それではまた。

その他の新着マルシェBlog

▲トップへ