HOME > マルシェBlog > 宮崎ネタ > 宮崎発!地鶏炭火焼の実食レビュー!レシピや美味しい焼き方を紹介!
マルシェBlog
2018年8月15日

宮崎発!地鶏炭火焼の実食レビュー!レシピや美味しい焼き方を紹介!


みなさん、こんにちわ!

今日は、宮崎名物の地鶏の炭火焼について書いていきます。

まだ食べたことがない人は、黒すぎて衝撃を受けるアノ料理です!

今回は当店の公式ユーチューバー萩ちゃんが実食レビューを撮ったようなので動画も交えて説明していきます!

そして実は地鶏じゃなくても、地鶏の炭焼き風に調理ができるレシピや焼か方のコツなんかも伝授してきますので是非最後までお付き合いください。

地鶏の炭火焼と言えば宮崎!

外側は炭火で真っ黒に焼いて、中はほんのりピンク色のジューシーな地鶏の炭火焼!一口食べると炭火の香ばしさと鳥の甘みが癖になる宮崎では定番の一品です。

宮崎のブランド鳥である「みやざき地頭鶏(じどっこ)が生でも安心して食べられることから、外を一気に強火で焼きあげて中をレアの状態で食べるのが宮崎流です。

地鶏炭火焼の実食レビュー

そんな地元宮崎では定番の炭火焼ですが、お土産でも数多く売られています。
お店で食べるまでは及ばないけれど、最近は加工技術の進歩で、お店で食べる味にかなり近づいてきているようです。

マルシェでも非常に人気のお土産の地鶏の炭火焼を
萩ちゃんが実食レビューをしているので、よかったら動画を御覧ください。

地鶏の炭火焼は実は自宅でも簡単に作れる

「みやざき地頭鳥」でなければ、炭火焼は食べれない。そう思っているあなたに、実はみやざき地頭鳥じゃなくても、ご自宅で簡単に炭火焼き作れちゃう方法をご紹介します。

炭を使って調理するので、バーベキューのお料理に一品加えると、家族や友人と美味しく食べることができますよ。

※生食用ではない鶏肉で調理をする場合は、しっかりと火を通してから食べるようにしてください。

鳥の炭焼きのレシピ 4人分(準備編)

用意するもの

国内産鳥もも肉2枚
塩・胡椒
柚子胡椒

1.鳥のもも肉の皮を剥ぐ。

2.もも肉を一口大にカットする。

3.カットしたもも肉に塩と胡椒で下味をつける。

以上準備完了です。

ここが大切!美味しい焼き方を伝授(焼き方編)

準備は簡単ですね。
ここからの焼き方で炭火焼きの味が決まります。
ポイントをしっかり押さえて焼きあげましょう!

1.しっかりと熱した炭の上に網を敷きカットしたもも肉を投入します。

2.地鶏ではない場合は、炭の上をトングで転がしながら焼いていきます。

3.ある程度火が通ったら、一度網を外して炭の中に直接、鳥の皮を入れます。

4.とり皮に火がついて炎が上がるように風を炭に送りながら、網を炭の上に戻します。

5.最後に一気に直火でもも肉を焼き上げる(10秒程度)そうすると、宮崎名物の真っ黒な炭焼きが完成です。

この記事のまとめ

今回は有名な地鶏の炭焼きについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

一番はみやざき地頭鶏を使うのがまちがいないのですが、焼き方さえ間違わなければ、スーパーで売っている鳥のもも肉でもかなり近い味になるので、地鶏の炭焼きが食べたい!と思う方はこの方法を試してみてくださいね。

もしも、焼くのにあまり自信がない方は、お電話いただければ、

はぎちゃんが動画で紹介していたジューシーで香ばしい宮崎の地鶏を個包装にした宮崎ステックを注文することができるので、ぜひくださいね。

お問い合わせ先:デモン・デ・マルシェ TEL0985-67-0612

その他の新着マルシェBlog

▲トップへ