HOME > マルシェBlog > 宮崎ネタ > 宮崎冷汁レシピを大公開!簡単で美味しい作り方を職人が教えます!
マルシェBlog
2018年7月26日

宮崎冷汁レシピを大公開!簡単で美味しい作り方を職人が教えます!


どうもこんにちは!

毎日暑い日が続きますね。宮崎の暑い夏といえば冷汁!
暑くて夏バテ気味・食欲が全然出ないって方にはぴったりの南国宮崎の郷土料理です。

今回は、マルシェが誇る和食の料理人さんから、
簡単に家庭でもできる宮崎冷汁のレシピと作り方を聞いたので、公開しちゃいます!

このレシピがあれば、暑い夏ももう怖くない!
宮崎流の冷汁を食べてこの夏を乗り切りましょう!

宮崎冷汁って何?

冷汁は、宮崎を代表する郷土料理です。
魚と味噌を香ばしく焼き上げ冷たい出汁で伸ばし、
豆腐、キュウリ、大葉、ネギ、ミョウガなどの薬味を加えて、熱々のご飯にかけて食べるのが宮崎流です。

宮崎で冷汁が好まれる理由とは

もともとは、忙しい農家さんがすぐに食べれる目的で作られた冷汁ですが、
各家庭でより美味しく食べれるように工夫して手間をかけて作ることで、
今の冷汁のスタイルになったと考えられます。

冷汁単品でも栄養補給ができて、
暑いときでもサラサラっと食べることができるので、
健康食として食べられるシーンも増えてきました。

以外と簡単に作れるので
宮崎の冷汁を是非作ってみてくださいね。

料理人直伝!家庭でもできる宮崎冷汁のレシピを大公開

宮崎冷汁の材料 4人前

いりこ(煮干し)中羽サイズ(6-9cm)20~30匹
ピーナッツ   10g程度
胡麻      10g程度
合わせ味噌(麦・米)200〜250g
※麦味噌がなければ普通の味噌でもOK

一般家庭でもできる簡単な冷汁の作り方

1.いりこは苦味が出るので、頭と内臓部分を取り除きます。

 

2.下処理済みのいりことピーナッツ、胡麻を細かく砕きます。

※フードプロセッサーかすり鉢を使う材料を細かく砕いたものと味噌をすり鉢で混ぜ合わせます。

 

3.すり鉢の内側に混ぜた味噌を薄く塗り伸ばし、直火にかける
※すり鉢を上下反対にして、ガスコンロの火を直接味噌に当てるのがコツです。この時は弱火で焦げないように3〜5分ほど焼きます。

 

4.味噌が焼きあがったら、すり鉢に適量のお湯を入れて焼き味噌を解く
※ すぐに食べたい場合は、お湯の量を少なめにして氷を入れるとgood!

 

5.冷やした冷汁を熱々のご飯にかけてお召し上がりください。
トッピングでネギ、大葉、ミョウガ、キュウリなどをお好みで入れるとさらに美味しく食べれます。

宮崎冷汁本場の味を味わうのなら

文字で書くと、ちょっと難しく感じてしまうかもしれませんが、実際に作ってみると簡単なので是非チャレンジしてみてくださいね!

もしレシピを見て難しいと諦めてしまう方がいるのであれば、是非デモンデマルシェへご来店ください。

期間限定になりますが、バイキングでも2Fカフェレストランでも食べることができます!

しかもマルシェの冷汁の具材は、お刺身で使う鯛やマグロといったお魚をベースにしているので、臭みがなく爽やかな味わいが特徴です。

家庭で作るのも良いですが、宮崎らしい景色の中で食べる冷汁は格段に美味しいですよ!

このレシピの監修

蕨野信二
デモン・デ・マルシェ
和食・寿司担当

その他の新着マルシェBlog

▲トップへ